寿司

福岡名物の一つ玄界灘の魚介グルメ

福岡は「食の都」としてもよく知られているように食の多様性と名物料理の多さが特徴となっています。

博多名物としてあまり九州に詳しくない人でも答えることができるものとして、「博多ラーメン」「モツ鍋」「水炊き」といったものがあります。

そうした福岡を代表するような食材と比較するとやや目立たない存在ですが、もう一つ福岡では忘れてはいけない大切な食材があります。

それは玄界灘でとれる魚介類です。

福岡市は昔から港町として発展してきたという歴史がありますので、博多湾に面した港ではたくさんの船が往復をしています。

福岡市を拠点とした漁業組合もあり、主に博多湾北部の玄界灘を漁場として旬の魚達を獲っています。

玄界灘の海の幸の代表的存在となっているのが、イカ、鯖、スズメダイ、カサゴといったものです。

他にも筑前海のとらふぐも九州北部ではメジャーな食材となっており、博多湾では海苔の栽培もしています。

福岡市内には数多くの魚介類のお店があるので、旬の食材を使ったお寿司をぜひ一度食べてみてください。

手軽に安く福岡のお魚を食べるなら駅ナカ

福岡市内でお寿司を食べるなら、繁華街である天神、中洲といったところに出てみるのが一番確実です。

しかし他の予定で十分に移動する時間がとれないということなら、手軽に安く食べられる駅構内にあるお店でも十分楽しむことができます。

博多駅に隣接している商業ビルの一つ博多駅マイングの名店街には「まわる寿司 博多魚がし」というお店があります。

こちらは構内にありつつしっかりと地物の魚をしれて使っており、一皿120円という手軽さから多くの種類のお寿司を食べられます。

お店は新しく中も広いので、ちょっと福岡に立ち寄ってこれから他の九州の地域に行こうという人にも気軽に立ち寄る事ができます。

目玉商品としては一皿260円で一貫販売している穴子で、オーダーが入ってから焼くという絶対チェックしておきたい一品となっています。

メニューは全部で70種類となっており、どれもほかの回転寿司よりも安めの設定となっているのでちょっとよいお寿司は食べたいけど予算はおさえておきたいという時に利用したいお店です。

回転寿司のレベルを超越した店

少し時間が取れるなら、天神にまででかけてお寿司屋さんを探してもらいたいです。

天神にはたくさんのお店がありますが、中でも回転寿司のレベルの内容ではないと大評判となっているのがソラリアステージ専門店街にある「ひょうたんの回転寿司」です。

ソラリアステージ専門店街は天神にある大型商業施設で、内部には福岡らしい食材を扱うお店が数多くテナントとして入っています。

ひょうたんの回転すしは地下二階にありますので、他のお買い物がてら寄ってみるのがよいのではないかと思います。

地物にこだわって仕入れているので時期や天候によっては思っていたネタが食べられないということもありますが、訪れる季節によって変わるおすすめをそのまま楽しむという気持で行くのがよいでしょう。