温泉

日本一の温泉地九州での福岡

九州といえば中心に大きくそびえる阿蘇山により、日本一の温泉地として知られています。

九州内でもとりわけ人気が高いのは大分県の由布院や熊本の黒川温泉といったところ、もしくは福岡県にある原鶴温泉といったところでしょう。

観光地として大人気の福岡市ですが温泉ということでいうとそれらと比較して少しネームバリュー的に弱いところがあります。

しかし足早に福岡観光をしたいという人にとってはできるだけ福岡市内から離れないところで手軽に温泉を楽しみたいと思うところでしょう。

実は福岡市内にも日帰りで簡単に利用をすることができる便利な温泉があります。

もちろん由布院や黒川温泉のように独特の雰囲気のある秘境の温泉とは比較するべくもありませんが、泉質においては九州北部はかなり恵まれており満足できる効果を得ることができます。

なお福岡県内にある有名温泉としては朝倉市にある原鶴温泉の他、宮若市にある脇田温泉、筑紫野市にある二日市温泉といったところがあります。

もし福岡を訪れて時間的に十分に余裕があるならそちらの温泉にも行かれてみることをおすすめします。

おすすめは二日市温泉で、開湯から1300年以上が経過しているという由緒あるところであり万葉集にもその場所のことが読まれています。

福岡市内にある有名な日帰り温泉

都会的な福岡市中央区ですが、実はその中にも天然泉を出す温泉があります。

それが「天神湯の華」で、福岡市中央区長浜に位置しており大人720円で一日利用をすることができるという地元でも有名な施設です(2016年6月現在)。

天神湯の華は2階建ての施設となっていて上下の階ごとに複数の種類のお湯に入ることができるようになっています。

訪れるときの目安になるのは市営地下鉄天神駅で、1番出口から北にまっすぐ向かい昭和通からもう一本進んだところで左折をするとしばらくして見えてきます。

近くには鮮魚市場正門などがあるのでそれほど見つけることは難しくないことと思います。

この天神湯の華では周辺の宿泊施設とも提携をしており、ホテルによっては宿泊プランの中に入湯券がついているというものもあるそうです。

ただ地元の人にも多く利用をされる人気施設なので時間帯によってはかなり混雑することもあるので注意してください。

自然食ブッフェも楽しめる「湧水 千石の郷」

中央区から少し離れますが、ウォーターフロントとして人気の高い早良区にもおすすめの日帰り温泉があります。

早良区石釜にあるのが「湧水 千石の郷」で、こちらでは展望大浴場の他に福岡地元でとれた食材を中心にした自然食ブッフェも楽しむことができます。

展望大浴場である「華やぎの湯」では浴槽につかった状態から福岡の市内を一望できるという絶好のロケーションとなっており、天然湧水100%の泉質で肌質を大きく改善することが期待できます。

なおこの「華やぎの湯」は福岡市内で最も高いところにある浴場なのだそうです。

自然食ブッフェでも同じく福岡市を一望しつつ新鮮な食材を好きなように頼むことができます。

目玉は専属パテシエによる手作りスイーツで、家族連れや女性客に絶大な人気となっています。